img-1

血糖値の濃度の改善法

血糖値とは、血液の中に含まれているブドウ糖の濃度のことです。

この濃度は、適度な数値を保つことが大事です。



高すぎても低すぎても良くないです。
ちょうどいい濃度を保つことが大事です。



ちょうどいい数値だと、気分も安定して頭もスッキリと働きますし、体調も良好です。


しかし、もしこれが高血糖になると、血液はドロドロになり、動脈硬化や糖尿病を始めとする様々な病気のきっかけにもなります。それを防ぐためには、血糖値を改善しなくてはなりません。



どうやって改善するか、それは、食事療法と運動療法に分けられます。



食事療法は、そもそも原因となった脂っこい物や炭水化物たっぷりの食事を減らせばいいわけです。



好きな物を減らすのはつらいという人も、油を変えたり食器を小さくしたり、外食はさっぱりとした和食にしたり、そんな工夫を重ねて頑張りましょう。



また、食物繊維をたくさん取ると上昇をおさえることができるので、野菜や海藻をたくさん食べるのも良いです。そして運動は、激しい運動よりゆっくりとした息が上がりすぎないものが適しているので、ウォーキングやジョギングのような有酸素運動が良いです。
特に、食後30分が効果的なので、食後に散歩をすることをおススメしますが、それも続けるのがめんどくさいという人は、出かける用事を全部食後に切り替えるのを、特におススメです。



つまり、スーパーに買い出しに行くとか、郵便局に行くとか、そういう用事は必ず食後にするのです。
すると、毎日の生活の中で、自然と血糖値を改善できるというわけです。



関連リンク

img-2

血糖値の効果的な改善方法

血糖値は食べ物を食べると必ず上昇します。上昇の仕方は食事のとり方によって違いがあり適度な上昇ならば、活動するのに適した状態ですが過度に上がりすぎると眠たくなったり動作が緩慢になります。...

more
img-3

血糖値の改善のためには

血糖値とは、そもそも血液の中に含まれているブドウ糖の濃度のことです。ブドウ糖はご飯やパンやお菓子などに含まれている糖質のことです。...

more